【ウマ娘】サイバーゲーム事業が赤字転落?玉座と三女神炎上の代償

7月26日にサイバーエージェントの2023年3Qの決算が発表されました。

昨年の同時期と比べると約3割減となっています。

そしてもっと衝撃的だったのが・・・

ゲーム事業の営業利益がマイナス1億円。ようするに赤字ということです。

収益性の高いタイトルの減収という書き方で名前はボカされていますがどのゲームのことかは明らかですね。さすがにウマ娘単体で赤字というのは考えられませんが、収益が大幅に下がっているのはセルランサイトの予測的にもほぼ間違いないと思われます(直接見てませんが社長がウマ娘の落ち込みが予想以上と明言した模様)。

ウマ娘リリース後の2021年は200憶以上の営業利益を叩き出していたことを考えると、僅か2年でここまで落ちるのかと驚くと同時に悲しくなります。この落ち方は本当にやばすぎる。

このページではなぜウマ娘がこんな惨状になってしまったのか改めて振り返ってみたいと思います。

ネガティヴな内容になってしまうのでそういったものを見たくないという方はブラウザバックお願いしますm(_ _”m)

スポンサーリンク

メイクラと玉座

1育成1時間の新シナリオ

2022年2月の1周年に追加された新シナリオ「Make a new track~クライマックス開幕~」(以下メイクラ)は大量にレースに出したりアイテムを頻繁に購入しないといけない仕様で1育成に1時間かかるということでその点にかなり批判が集まっていました。

それ以前のURAやアオハルの20分や30分でもちょっと長いんじゃないかと言われていたようですがさらにその倍近い時間がかかるシナリオということで特に自由に使える時間がそれほどない人はもうついていけないとなったことは容易に想像できます。

しかしこの時はまだ今よりは運営に対する信用もあり、界隈の雰囲気もここまで悪くなってなかったのでこの後しっかりやっていればそこまで大きな痛手にはなってなかったかもしれません。

玉座炎上で課金者の信用を失う

ウマ娘界隈の雰囲気やユーザーのマインドが大きく変わるきっかけになったのがこの玉座炎上事件。

玉座こと玉座に集いし者たちはメイクラ環境末期の昨年7月に実装されて当時としては非常に性能が優秀でかつ根性育成やメイクラシナリオとの相性が良かったことで、(個人的には使いたくない単語ですが)人権だと話題になったサポートカード。

しかし上限解放やその次のグラライ(グランドライブ)シナリオと噛み合わなかったことで一気に評価が急落。結果的に僅か1か月しか活躍できなかったことでガチャを回した人の不満が爆発しました。

どんなに強くても1か月で使い物にならなくなると分かっていれば何万何十万なんて大金を出してガチャを引く人なんてほとんどいません。ではなぜ引かれたかというと、この時はそんなことはしないだろうと運営に信用があったから。1周年アニバ前に復刻された賢さファインがその後も最前線で活躍をしていたこともその裏付けになっていたかもしれません(私個人はその時運営を信用せずに疑って引かずに失敗)。

課金者煽りが横行

玉座が使えなくなったことに加えてさらに追撃のように玉座を引いた課金者に対する煽りも横行。

・アニバ前に引いたのがバカ
・ソシャゲはそういうもんだ
・信用とかなに言ってるんだ

他にもいろんな煽りを見ましたが煽ってた人の言い分というか内容自体はある意味正論でその通りでもあります。まあ同じくアニバ前(玉座後)に出たスピマルは今でも最前線で活躍してるのでアニバ前に出たガチャ全てが罠というわけではないんですけど。

この手の煽りは実際その通りなので反論もできないんですけど当然ながら言われた方は気分がいいはずがありません。で言われた(課金した人)がどう思うか・・・

1.煽りなど気にせずこれからもガチャを引く
2.今後はアニバ前にガチャを引くのはやめよう
3.課金して煽られるとかこんな不愉快なゲームは辞めよう

1の人がまったくいないわけではないでしょうけど、玉座炎上や1250事件を境に売上が大きく落ち込みセルラン1位もあまり取れなくなっていったあたり、2や3の人がやはり多かったのではないかと思われます。

・アニバ前でもガチャを引いてくれる上客
・基本ガチャは引かず他人を煽る害悪ユーザー

この玉座炎上はコンテンツにとって害悪にしかならない無課金煽りユーザーに燃料を与えて、それによって上客だったユーザーの多くのマインドを(運営にとっても)都合の悪いほうに変化させてしまったウマ娘にとっての大きなターニングポイントといっていい事件でした。


スポンサーリンク

三女神サポカ後出し炎上

ラモーヌとダブルピックせず後出しシナリオリンク

2周年アニバで実装された新シナリオ「グランドマスターズ」は当初はシナリオリンク無しとゲーム内で表記されており、グラライ実装で一度死んだ玉座が復権したということもあり盛り上がりを見せていました。

しかし復刻ガチャを挟んだ後の3月20日のガチャ更新で三女神サポカことグループSSR「祖にして導く者」が実装。シナリオリンクかつ性能がぶっ壊れレベル(人権ならぬ神権等と煽られるほど)だったことで炎上。

実装時のシナリオリンク無し表記は、グラマスではシナリオリンクサポカは実装されませんという意味ではなく、この時点ではシナリオリンクは存在しません(後から付け足さないとは言っていないw)という意味だったわけです。

やり方が詐欺まがいではないかと言われると同時に、これまでのシナリオリンクのようにWピックせずに分けた点にも批判が集まります。Wピックより分けたほうが(短期的には)利益が上がるからだと思われますがまあユーザーからすれば知ったことではありません(決算云々も含めて)。

素直にラモーヌとWピックにするか、性能を落としてシリウスサポカのように配布にするなどしていればあれほど三女神で炎上することはなかったんじゃないかなと想像します。

短期利益を追求した結果

三女神サポカは持っていないと半年間レンタル枠が固定されてしまうレベルだったので回した人は多くこの月はセルランサイトの予測値でも100億超えの数値を叩き出しました。

しかし翌月以降は(おそらく多くのユーザーが予想した通り)大幅に減少。6月や7月はこれまでアニバやハフバ以外ではほぼやらなかった確定ガチャ(スタレ)を連発したにも関わらず売上が伸びないという結果に。

信用を犠牲に未来の利益の先食いをしたようなものなので素人でもこうなることは容易に想像できましたが、今回の決算はその想像すらちょっと上回るレベルでやばいものだったと言わざるを得ません。中長期的どころか短中期的にすら大きく下がったわけなので。

今回は詳しく触れませんが、特許侵害でコナミから訴訟されたこともゲーム運営に対するさらなる信用低下やユーザーの不安増大に繋がったと思われます。

ウマ娘の復活はあるのか?

最近のウマ娘

最近の界隈の雰囲気や運営を見ているとかなり厳しいと感じます。そもそも運営はもうやる気がないのではないのか?という気すらしています。

・メインストーリー1年放置(続報もなし)
・ゲーム内の改善が遅い
・追加コンテンツが盛り上がりに欠ける
・新ウマ娘が追加されるのか?

メインストーリーはウマ娘内のコンテンツでもかなり評価が高く面白いものですが、昨年7月に第一部の最終章が追加されてから1年間まったく音沙汰無し。他の部分で頑張ってくれていればまだそこまで気にならなかったかもしれませんが、そういう風にも感じられないのでこれに関しても印象はかなり悪い。運営に対する信用や好感度がなくなればこういう部分も悪く見えてきてしまうものです。

ゲーム内の改善も無論まったくしていないわけではありませんが、満足できるレベルかと言われるととてもそうは言えません。

今年追加された最大のコンテンツは「リーグオブヒーローズ」ですが、これが私のような(96傑とか到底目指せないサポ貧微課金の)半端ガチ勢にとっては正直盛り上がりに欠けるイベント。面白いと感じて盛り上がっている人もいるとは思いますが、私自身は盛り上がれてないですし、全体的にも盛り上がっているような雰囲気は感じられません。

先日の「ウマ娘 プリティーダービー 5th EVENT ARENA TOUR GO BEYOND -WISH- 」で新シナリオのビジュアルの中に(海外?)新ウマ娘の姿が見えたので一切追加されないということはさすがにないと思いますが、そこで新規追加について一切発表がなかった点はちょっと気になります。あそこで1人だけ発表して、今度のぱかライブではさらに他の新ウマ娘の発表もありますみたいな煽りがあればそんな不安は抱かなかったかもしれませんが・・・

アニメ3期やくにおくんゲームで復活?

決算でも触れられていたようですが、今年秋にはキタサンブラック主役のウマ娘アニメ第3期の放送が始まり、さらに翌年にはくにおくんをパロったようなウマ娘の新作ゲームも発売される予定です。

まだウマ娘に触れたことがない新規の方がウマ娘に触れるきっかけにはなるかもしれませんが、そういう人が現時点でそう多くいるとは思えません。そして例え新規が多く入ってきたとしても今のアプリの惨状では定着する人はそういないんじゃないかという気がします。仮に自分が今から新規で始めて続けられるか?と聞かれれば迷わずNOと答えます。

コンテンツとしての力はまだあると思うので、今度のぱかライブや2周年ハフバのアプデに期待したいですね。逆にそこで大した内容が発表されなかったり、あるいは再びユーザーを裏切るような炎上を起こしてしまったらあとはただ落ちていくだけだと思います。

スポンサーリンク