【ウマ娘】チャンミピスケス杯(オープンリーグ)の結果と傾向


開催期間:3/22 12:00~3/28 11:59

チャンピオンズミーティング「ピスケス杯」が始まりました。

今回は阪神芝3200mの不良バ場という非常に過酷な条件での開催となっています。

今回もオープンリーグのほうを選択。

サジタリウス杯カプリコーン杯アクエリアス杯と3連続でA決勝(オープンリーグ)を勝利できているので、今回も決勝勝利が目標です。

※ラウンド1の2日目の結果を更新(3/23)
※ラウンド2の1日目の結果とトレーナー技能試験関連を更新(3/24)
※ラウンド2の2日目の結果と出走ウマ娘のデータを更新(3/26)

スポンサーリンク

ピスケス杯用のウマ娘

ゴールドシップ


脚質:追込

スタミナの必要量がなかなか掴めずにいろいろ迷走しましたが、ヒーラーグラスの固有を継承させるとある程度安定して最速スパートしてくれるようになったのでこのゴルシで臨むことにしました。

評価点を下げる目的で空回りを入れていてたまに最後の直線で発動することもありますが、空回りが発動するイコールゴルシの勝ちパターンなので特に問題はない感じ。

とにかく最後の直線に入るまでに先頭か最悪2番手までは上がれていないとほぼ勝機はありません。

スーパークリーク


脚質:先行

今回のピスケス杯オープンはマチカネタンホイザのような回復固有持ちがかなり強いので、2人目はスーパークリークを採用(マチタンやヒーラーグラスは未所持;;)

固有(ピュリティオブハート)と円弧のマエストロのおかげでスタミナ800台でもきっちり走ってくれて、ルムマでも上のゴルシより高い勝率を叩き出してくれました。

最後に評価点の計算を少しミスってしまったのと根幹距離が貰えなかったのが残念ですが、バ場と距離のSとスピード緑スキル2種取れたのでそれなりに満足のいく仕上がりにはなりました。

ただ固有が発動できない展開になると脆いかも(-_-;)

ナイスネイチャ(デバフ)


脚質;追込

八方+グリード型やけん制焦り詰込み型などいろんなタイプのデバフウマを作りましたが、ためらい系を多く入れた上のネイチャを入れた時が一番ルムマの結果がよかったのでこのネイチャをデバフ役として採用することに。

スタミナグリードを他の差しや追込になるべく当てたいので脚質も追込に改造しました。

もう少し改善の余地はありますがデバフにあまり時間かけすぎてもと思ったのでこれで臨みます。


スポンサーリンク

ピスケス杯オープンリーグに挑戦

ラウンド1

1日目


前回と同じく1日目は20戦19勝という結果。

10連勝目あたりでひょっとして今回は予選全勝もいけるか?とちょっと思いましたがやはり全勝は難しいですね。

というか今回は不具合でスキルの発動が表示されないのでマエストロの発動の有無とかが分からないのが厄介(チャンミ以外のレースは普通に表示されていた模様)。

また今回から勝利後に号外が見れるようになっていました。

20戦終了時点の成績
ゴールドシップ:10-8-2-0
スーパークリーク:9-9-1-1
ナイスネイチャ:0-0-3-17

ルムマの成績はクリークのほうが上でしたが、予選はゴルシのほうが勝率も複勝率も上という結果に。

あとデバフネイチャが何度か3着に入っていたのもちょっとびっくり;;

ラウンド1の2日目の成績


1日目は20戦して負けたのは1回だけでしたが、2日目は20戦して4回負けるという結果に。

マエストロの不発やブロック等原因ははっきりしていますが、ゴルシやクリークが掲示板にすら入れないというケースも何度かありました。

1日目は不具合のせいでどれくらいマエストロの不発があったのかはっきり分かりませんが、逆に言えば1日目が安定しすぎていたのかも;;

40戦終了時点の成績
ゴールドシップ:19-14-5-2 勝率47.5%
スーパークリーク:16-15-3-6 勝率40.0%
ナイスネイチャ:0-0-4-36

ラウンド1の出走ウマ娘の傾向(オープンリーグ)

出走ウマ娘


※適性が低いウマは統計から除外

ラウンド1で対戦したウマ娘のデータです。

ルムマだとマチカネタンホイザやタマモクロスを多く見かけましたが、チャンミ予選はゴールドシップやスーパークリークが多く逆にマチタンはそれほど多く見かけませんでした。

脚質

脚質分布も差し追込が多かったルムマと違いチャンミ予選は先行が一番多く、それ以外の3つはだいたい同じぐらいの数でした。

うちのデバフネイチャは先行ためらいだけ取れていませんが、この傾向を見る限りだと先行ためらい持ちのネイチャを新たに作り直したほうがいいかも・・・(時間的にちょっと厳しいですがw)

ラウンド2

以前ためらい4つ持ちのネイチャを作っていたことを思い出したので先行対策に引っ張り出してきましたw

追込がなぜかBですが、スキル発動率には影響しないらしいので特に問題はないはず・・・

チャンミ3日目


1セット目と2セット目全勝できたのでこれひょっとしてラウンド2全勝いけるか?っとちょっとだけ思いましたがさすがにそこまでうまくはいきませんでした。

先行対策(ためらい入れただけですがw)の効果があったのか先行には負けませんでしたが、差しのタマモクロスとゴールドシップに1回ずつ負けました。

ラウンド2の20戦分の成績
ゴールドシップ:7-9-3-1 勝率47.5%
スーパークリーク:11-6-2-1 勝率40.0%
ナイスネイチャ(ためらい4種):0-0-1-19

ラウンド1はゴルシのほうがやや勝率が上でしたが、ラウンド2はクリークが勝ち切ることが増えました。

チャンミ4日目


昨日と同じく20戦18勝という結果。

負けたレースのうちの1つはゴルシとクリークが両方ともマエストロ不発+前詰まりでズルズル下がって敗れるというもし決勝だったら発狂ものの内容でしたwまあ決勝じゃなかったからまだマシですが(-_-;)

ラウンド1・2の合計成績


※ネイチャは割愛

ラウンド2の初日はクリークもかなり勝ってましたが2日目はゴルシが勝ち切るケースが多く、トータルの成績ではゴルシがクリークを大きく上回る結果となりました(ルムマはクリークのほうが勝率高かったw)。

ラウンド1:40戦35勝(87.5%)
ラウンド2:40戦36勝(90.0%)
トータル:80戦71勝(88.75%)

これまではラウンド2になると基本勝率が下がっていましたが今回はラウンド2のほうが勝率が上というちょっと意外な結果でした。

ピスケス杯の出走ウマ娘の傾向まとめ

出走ウマ娘

ラウンド2になると1以上にゴルシの出走数が増えて、逃げのキタサンや先行黒マックも結構出ていました。

ナリタタイシンやヒーラーグラスもラウンド2になるとそれなりに見かけました。

逆にルムマでは出走数・勝利数共に最も多かったマチタンはそこまで見ませんでした(負けたのも1回のみ)

ちなみに空回りとか入れてる人はほとんどいませんでした。

脚質


脚質はラウンド2になると先行が減ってその分差し追込が増えました。

ピスケス杯決勝ラウンド

いよいよ決勝ラウンド。

うちのゴルシとクリークは2・3番人気。

相手の脚質は逃げキタサン以外は全員差し追込なのでクリークは問題なく番手が取れそう。

はたして結果は・・・

ゴルシがマエストロ不発した時はちょっと不安でしたが、クリークが2番手追走からあっさり押し切って9バ身差で快勝。ゴルシも2着に入ってくれたのでワンツーフィニッシュを決めることができました。

これでチャンミオープン決勝4連勝\(^_^)/

トレーナー技能試験(追記)

個別記事を書くつもりでしたが、試験がフリー過程のみになるなど内容が随分簡略化されていたので同時開催中のチャンミの記事に追記という形で軽く触れる程度にしますw

スピードすらMAXまで伸ばせない失敗育成でしたが、こんなんでも「優」に到達できたので新シナリオならミッションのクリアは大して難しくないと思います。

イベント完走は困難?

ただ問題はコイン交換のほうで結晶だけならそこまで周回する必要はありませんが、ジュエル・ガチャチケ・ヒント本・ピース等を全部回収しようとすると相当な数の周回が必要になるので1周に時間がかかることも考えると全部回収するのはかなりきつそうですね。

回収に必要なトライアルコインの量
・虹+金の結晶片:15,000
・ジュエル450個:4,500
・ガチャチケ2種:9,000
・ヒント本全て:42,000
・☆3ピース4種:10,000

マニーやシューズ等を除いた主要報酬を全て回収するのに必要なコインの量は80,500個。

デイリーで15000程コインが取れるみたいですが、それを除いても約6万以上のコインを稼がないといけない計算。

1回の育成でコイン2000枚取れたとしても約33回の育成が必要になり、1回1500枚程度だと約44回の育成が必要になる計算。

いやどう考えても無理でしょ

2週間ぐらいあるならともかく今回の技能試験は僅か5日間しかないので、完走しようと思ったら1日に7・8回クライマックスで育成する必要になります。まあはっきり言ってできる気はしません。

ヒント関連のアイテムのレートがとにかくくそ高いのでそれを諦めれば80,500-42,000=38,500でまあ全部取れそうなんですが、現状一番レア度高いのがこのヒント関連のアイテムなのでこれはできれば取っておきたい。

とりあえず☆3のピースあたりの優先度は下げる方向でいこうかなと考えています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました