【グラブル】イベントVHワンパン周回!両面黄龍編成の武器の組み方

黄龍

イベントの周回に便利な両面黄龍編成についてまとめています。

※現在復刻開催中のイベント「ハンサム・ゴリラ」のEX周回編成を更新しました(11/21)

スポンサーリンク

両面黄龍の武器の組み方

両面黄龍編成とは

黄龍の加護
※要十天統べ

両面黄龍編成というのは黄龍の加護のバトル開始時にパーティーの奥義ゲージ30%アップの効果を両面にすることで2倍にして(60%アップ)、さらに十天統べアイテムの十天光輝の楯を使うことで十天衆の奥義ゲージを100%にしてゼロポチで開幕3チェを撃つ編成のことを言います。

アビポチや鰹召喚の手間がないので非常に効率が良く楽に周回することが可能になります。ハウンドドッグを使ったタイムオンターゲット編成より装備の敷居も低いです。

ただし注意点として両面黄龍はリミ武器やマグナⅡ武器の強力なスキルに召喚石の加護が乗らないので(黄龍の加護は全属性攻撃力50%アップと奥義ダメージ30%アップ)、普段使っているマグナ編成を適当に使い回すとびっくりするぐらいダメージが落ちたりします。

イベントVHワンパン失敗

さすがに武器編成が適当だとVHのワンパンすら普通に失敗します。

各属性のイベント周回編成

風属性編

装備

通常攻刃枠:バハ武器・オメガ武器・エターナルラヴ・イーウィヤビーク等
方陣攻刃枠:ティア拳・オールドナラクーバラ・永遠拒絶の槍等
EX攻刃枠:アストラルウェポン・ヴィントホーゼ・ヴァリス等
天司枠:果てぬ風呼の魔弓

シエテのサポアビ

風属性には味方全体の奥義ダメージUPのサポアビを持つシエテがいるので、他属性に比べて両面黄龍VHワンパンのハードルはかなり低いです。リミ武器や終末5凸どころかマグナ2武器無しでも余裕で達成できます。

VH0ポチ2チェ周回編成(終末5凸・アストラル・リミ武器無し)


シエテを2番手ではなく3番手に配置すると3チェインではなく2チェインになって奥義硬直の時間が短くなります。

上のような適当装備でもVH程度であれば2チェ周回は十分可能です。

EXワンパン編成


3番手と4番手は奥義後に追加ダメージが発生するリミモニカと風ヴィーラが理想。

ヴァリス(ギアスコラボ報酬武器)はメイン装備時にアビ性能がアップするのでキャバルリー(銃装備に渾身バフ)のメイン武器として使えます。

ヴィントホーゼのチェンバ上限は終末やオメガと同枠共存不可なので、終末武器の第二スキルはアビ上限がベストです。

キャラのLB(指輪)
シエテ:攻撃力1500・奥義上限+12%
モニカ:攻撃力1500・アビ上限+11%
ヴィーラ:攻撃力2100・渾身+6

光属性

マグナ編成(リミ武器・5凸終末無し)

通常攻刃枠:黄龍槍・シュヴァ剣等
方陣攻刃枠:シュヴァ剣・終末武器(CB上限)等
EX攻刃枠:アストラルウェポン・コロゥ剣・コロゥ銃等
天司枠:永遠の知識求る竪琴
コスモス枠:4凸コスモス剣

光属性は両面黄龍でもEX武器を多めに入れるより、シュヴァ剣等の剣武器を敷き詰めた4凸コスモス入り編成のほうが火力が上になる模様。

加護が乗らないのでここでもミトロンの弓は出番無し。

VHワンパン編成


メイン黄龍槍のおかげで終末武器無しでもかなりオーバーキルしています。ロボミがいなくてもソーン・ルリア・サンダルフォンの無課金キャラ編成でも余裕で倒せます。

非ATEXワンパン編成

月末イベントの周回は基本的に非AT時にVHをワンパン周回してトリガーを集めてATにEXをワンパンするという形が一番効率がいいですが、黄龍槍やロボミで奥義火力の高い光属性に関しては非ATでも装備とキャラが揃っていれば比較的楽にEXをワンパン周回することが可能です。


非ATEXワンパンに関しては確定クリを撒ける2番手最終ソーンと400万超えの奥義ダメを叩き出すロボミは必須級。終末5凸があればマグナでも非ATEXワンパンは十分可能です。

キャラのLB(指輪)
ソーン:攻撃力1800・弱体成功率+10%(カウンター回避6%)
メリッサベル:攻撃力1200・アビ上限+8%(カウンター被ダメ12%)
ロボミ:攻撃力1500・奥義上限+8%

水属性

VHワンパン編成



※リミ武器・終末5凸・アストラル無し

通常攻刃枠:シグルズの弓・バハ武器等
方陣攻刃枠:リヴァ短剣・エウロペ琴・終末武器(CB上限)等
EX攻刃枠:ゼノコキュ琴・ゼノコキュ杖・クラリオン・アストラル等
天司枠:美と慈愛の杖

今回のVHは敵が2体なので装備が弱いと上の1体目を倒すのに3人分の奥義ダメージが必要ですが、下の敵のHPが低いのでチェンバ上限付きのオメガor終末とゼノコキュ琴の追加ダメージで倒し切ることができます。

非ATEXワンパン編成

水でも非ATEXワンパンできたので編成を載せておきます。



※水船有り炉有り

2番手は全体にストレングスを撒けるウーノがベスト。3番手はサポアビに渾身がある水着イシュミールを入れて、4番手は奥義後に無属性99万の追加ダメージが発生するヨダルラーハを入れています。

仮に敵のHPが僅かに残ってしまっても、ゼノ琴メインであれば特殊技に反応して追加ダメージが発生するので確実に倒せます。

キャラのLB(指輪)
ウーノ:攻撃力3000・渾身+3(与ダメ上昇+9)
水着イシュミール:攻撃力300・奥義ダメージ+24%
ヨダルラーハ:攻撃力1200・奥義ダメージ+16%

渾身や奥義ダメのLB無しでは同じキャラ・装備でも届かないかもしれません。

闇属性編(リミ武器無し)

VHワンパン編成


通常攻刃枠:バハ武器・オメガ武器・麒麟弓等
方陣攻刃枠:アビススパイン(アバター杖)・アバター銃・終末武器等
EX攻刃枠:アストラルウェポン・ゼノディア刀・ゼノディア槍・麒麟剣等
天司枠:闇の子の歯牙

闇はTOT編成のハードルはかなり高いですが、両面黄龍であれば終末5凸やアストラルウェポン無しでも余裕でVHをワンパンすることができます。

EXワンパン編成(リミ武器無し)



※闇炉無し

フォールンソードやブルトガングといったリミ武器無しだとEXワンパンのハードルはかなり高いです。

ターン終了時のアビダメで倒すので、上限を上げるために天秤入りのハイランダー編成にしています。

特殊技(50トリガー)のダメージでコルルのHPを赤くしてちぇすと(瀕死時)を発動させるのが肝。

被ダメに反応してカウンターを入れるバザラガも必須級。

ただ普通の編成だとコルルのHPが高すぎて赤くならないので(特殊技のダメージは8000前後)、麒麟弓やコルタナといった暴君スキルの武器を入れてHPを下げてさらに主人公の全体HPのリミボも外す等してコルルのHPを1万前後に調整しています。

キャバルリーのLB

リミ武器無しで安定周回する為にはかなり面倒くさい調整が必要なので、素直に1ポチ加えるかAT時にワンパン周回するほうが遥かに楽だと思います。

キャラのLB(指輪)
シス:攻撃力1800・渾身+6
コルル:攻撃力900・アビ上限+13%
バザラガ:攻撃力2100・渾身+1

土属性編(リミ武器・終末5凸無し)

武器編成

両面属性編成は通常・方陣・EXの3種類をバランス良く入れるのが基本になります。

通常攻刃枠:バハ武器・オメガ武器・マイムールヴィジョン
方陣攻刃枠:ゴブロ斧orゴブロ刀・オールドペルセウス
EX攻刃枠:アストラルウェポン・ゼノウォフ剣・ゼノウォフ琴・虚空槍
天司枠:揺るがぬ大地の拳

両面黄龍においてはマグナⅡ武器よりW攻刃のオールドペルセウスの優先度が高くなります。また普段はほぼ使う機会がないゼノウォフ琴も編成に入ってくることがあります(ウォフ剣が2本ある場合は琴より剣を2本入れたほうがいいです)

VHワンパン編成


奥義に属性バフがあるので2番手はサラーサではなくオクトーを配置するのがベスト。

終末武器やアストラルウェポンはなくても大丈夫なので、VHワンパンの敷居は高くありません。

EXワンパン編成


主人公はサポアビに渾身がある銃装備キャバルリー。メイン武器はバアル武器のマイムールヴィジョンあたりが最適。

奥義バフを撒けるオクトーを2番手に置いて、3・4番手に奥義後に追撃があるジークフリートとダーントを入れればEXもワンパン可能です(装備のハードルはそれなりに高い)。

火属性編(リミ武器無し)

装備

通常攻刃枠:バハ武器・プロメテ杖・ガンダ拳・オメガ武器等
方陣攻刃枠:コロ杖・夏ノ陽炎・永遠拒絶の斧等
EX攻刃枠:アストラルウェポン・ゼノウォフ斧・ゼノウォフ刀・ウシュムガル等
天司枠:赤き熾炎の剣

ゼノウォフ斧や刀を2本以上持ってる場合はウシュムガルを外して入れる形になります。

W攻刃のプロメテ杖やガンダ拳は両面黄龍編成においては非常に優秀な武器。

非ATEXワンパン編成


かなりハードルは高いが、終末5凸・アストラル5凸に加えてキャラと武器にプラスを全振りしたら非ATでもEXを両面黄龍のワンパンで倒せるようになりました(稀に下振れで足りない時あり)。

主人公のジョブはキャバルリー一択。銃装備時のサポアビの渾身効果がかなり強力です(下記SS)

石はとにかく高ステのガチャ石を並べます。無凸ミカエルを入れると逆にダメージが落ちました。

炉無しなので(船は火船)団サポありなら確殺できると思います(炉無しでもランヴェがいればおそらく可能)。

キャラのLB(指輪)
エッセル:攻撃力1500・奥義ダメージ+24%
ジークフリート:攻撃力1800・奥義ダメージ+18%
パーシヴァル:攻撃力1200・奥義ダメージ+18%

LBは奥義ダメージ最優先。

敵が1体の場合(終末・アストラル・課金要素無し)


「The End of THE DOSS」のVHボスは少しHPが高め(約650万)ですが、終末・アストラル・課金キャラ・武器無しでも両面黄龍3チェでワンパン可能です。

ジークフリート等の奥義が強いキャラがいれば装備のハードルはさらに下がります。

敵が2体の場合(インドイベ時)


この時は4凸プロメテ杖がまだできていなかったので5凸コロ杖を2本入れています。

敵が2体になってる時は少し面倒。まず2番手(エッセル)と3番手(ツバサ)の奥義で上の敵を倒して、4番手(ルリア)の奥義で防デバフを入れて最後チェンバでトドメを刺す形。ルリア3番手だと奥義のデバフが無駄になるので、ルリアは4番手に配置するのがお勧め。

終末orオメガ武器の第二スキルをCB上限にすると、チェインバーストのダメージが200万を超えるので仕留め切れるようになります。

メインにゼノ刀を装備させておくとミリ残しの時にカウンターでトドメを刺せたりします(敵の特殊が多段の場合は100%発動するわけではない)。

エクストラクエスト高速周回

コラボや復刻イベントのエクストラクエスト(EXTREME)周回でも両面黄龍は使えます。

月末イベントのVHと違って2戦あるので開幕から奥義を撃つことはできませんが、主人公のジョブを黒猫道士等の全体攻撃ができるジョブにして1戦目の敵を1ターンで倒すと、2ターン目の敵にフルチェが撃てるのでサクサク周回できます。

土属性編

両面黄龍(課金武器・終末5凸・アストラル無し)


復刻イベ「ハンサムゴリラ」のEX1戦目の敵は3体ですが一番高い奴でも20万弱のHPなので、両面黄龍で通常10万程のダメージを出せれば黒猫全体攻撃+残り3人で全て仕留めることができます。上のSSみたいな適当な武器編成でも問題なく倒せます。

余裕があるようならコロッサス等の奥義を撃たないキャラを入れれば2戦目がフルチェではなく3チェになるので硬直時間が短くなります。

2戦目も敵が2体登場しますが、奥義で問題なく倒すことができます。

チンピラのHP
左(上):252万
右(下):188万

装備もリミ武器や終末5凸等はなくても大丈夫なのでハードルもそれほど高くありません。

全属性使い回し通常軸




※闇炉等は無し

装備のハードルは一気に上がりますが、確定TAキャラのウフレニとプレデターを入れるこの編成で非有利相手でもEXを通常軸周回することができました。

トリガー技を使ってくる敵であれば通常で倒し切れなくても、シスの特殊カウンターでトドメを刺すことができます。

ただし私のシスとプレデターには久遠が入っているので、久遠無しで確殺できるかどうかはちょっと保証できませんm(__)m

動画だとアーカルム石(デス)が入れっぱなしになっていますが、非有利相手には意味がないので単純にステータスの高い石を並べたほうがダメージが少し上がります。

【イベント周回】

キャラのLB(指輪)
ウフレニ:攻撃力1500・アビ上限+7%
プレデター:攻撃力2400・奥義上限+11%(与ダメ上昇+7)
シス:攻撃力1800・渾身+7(背水+10)

風属性編

両面黄龍(課金武器・終末5凸・アストラル無し)


「メイクアップ&ゴー!」のEX1戦目の敵は3体ですが一番高い奴でも23万程度のHPなので、両面黄龍で通常10万程のダメージを出せれば黒猫全体攻撃+残り3人で全て仕留めることができます。

2戦目も敵が2体登場しますが、奥義ダメージ+チェインバースト(CB上限は欲しい)で問題なく倒すことができます。

スラッシャーのHP
左(上):260万
右(下):180万

装備もリミ武器や終末5凸等はなくても大丈夫なのでハードルもそれほど高くありません。

通常軸周回


2番手に全体攻撃のグリームニル(リミテッド)を置いて、3・4番手に確定TA持ちのリヴァイ・ミカサ(進撃コラボ)を入れれば奥義無しの通常軸でもいけます。

ただコラボキャラは現在入手不可でリミキャラも必須等、両面黄龍に比べると装備キャラ共にハードルはかなり高くなります。

リヴァイ・ミサカを入れれば主人公とグリームニルが両方SAでもなんとか倒せます(ダメが下振れすると危ないか)。

火属性編

両面黄龍(課金武器・終末5凸・アストラル無し)


下の敵が土属性なので少しダメが通りにくいですが、エッセルを4番手に置いておくと単奥義で下の敵を確殺することできます(統べ称号必須)。

2戦目は終末無しマグナの3チェでもかなりオーバーキル気味だったので装備のハードルも高くありません。

奥義無し周回

コラボの敵は基本弱めに設定されているのである程度装備が整っていれば奥義無しの通常攻撃のみでもサクサク周回できます。

光属性編(リミ・終末武器無し)

両面黄龍


1戦目・2戦目ともに3体の雑魚敵が出てくる形の場合。

装備が整っていれば黒猫と通常全体攻撃のソーンの通常軸(非黄龍)で倒せますが、火力が足りないとHPの高い2戦目が1ターンで倒しきれないのでその場合は両面黄龍が有効。

両面黄龍なら2戦目でチェインバーストを確実に発生させられるので、雑魚を全て倒すことができます。

注意点として両面黄龍でソーンを2番手に入れる場合は1戦目に奥義を撃たないように統べ称号(十天光輝の楯)を外しておく必要があります。
※4番手なら統べ称号は付けたままでOK

1戦目が安定しない場合は確定TA持ちのニュージェネ(ラブライブコラボ)を入れるのがお勧め。

リミ武器や終末武器などがなくても並べ方を工夫すれば余裕で討伐可能。上のSSみたいな適当な編成でもいけるので装備のハードルはそれほど高くありません。

通常軸周回

終末5凸やエデン等の渾身装備が揃っていれば黒猫・ソーンの通常軸でも周回可能。

この場合はメインやサポに黄龍をセットする必要はありません。


スポンサーリンク

ダメージが微妙に届かない場合

リミットボーナス(奥義ダメージ)を振る

装備やキャラを最適化しても微妙にダメージが届かないことがあります。その場合はリミットボーナスの奥義ダメージに☆を振ることで安定して届くようになる可能性があります。

オクトーLB

リミットボーナス別の奥義ダメージ比較表

 ☆☆(3枠)☆☆☆(3枠)
1回目1,602,0172,049,776
2回目1,304,0232,047,800
3回目1,210,7362,087,319
4回目1,311,3881,399,077
5回目1,603,5512,051,752
6回目1,626,5662,896,342
7回目1,296,6582,065,584
8回目1,560,5901,605,871
9回目1,224,2382,089,295
10回目1,802,4271,635,510
平均値1,454,2191,992,833

普段使いの場合はオクトーの奥義ダメのリミボは☆3まで振らなくても上限に届くので☆3まで振る恩恵はあまりありませんが、VHワンパンのような上限ダメージを出しにくい条件下だとリミボの奥義ダメをMAXまで振ると結構ダメージが伸びます。

※EXリミボの方に奥義ダメアップを付けてもダメージは伸びるが、さすがに奥義上限アップより優先して付けに行く必要はなし

管理人のオクトーは久遠の指輪を使っていますが、久遠無しでもクリティカルと奥義ダメージの枠全てを☆3にすることは可能です。

武器のプラスを振る

武器のプラスを振ることでダメージが伸びます。

一例:水2000万チャレンジ

上のリンクは水の2000万チャレンジですが、武器のプラスを振ることでポチ数を1つ減らすことに成功しています。

プラスを移すのは少しめんどくさいですが一考の余地はあると思います。

スポンサーリンク

コメント