【ウマ娘】正月キタサンブラックの評価!チョコボンとの比較

12月29日のガチャ更新で「☆3【真打・慶鶴之志】キタサンブラック」が新たに実装されました。

キタサンブラックは1周年アニバで実装されたウマ娘で今回初の別衣装バージョンとなります。

このページでは正月キタサンブラックの性能解説と無課金や微課金視点の評価を考察しています。

スポンサーリンク

正月キタサンブラックの性能

正月キタサンブラック評価


成長率:◎
チャンミ:○
固有:○(継承▲)◎(継承◎~○)
スキル:◎
グラライ:×
適性:中距離逃げ
目標:ジュニア0~1戦・クラシック3~4戦・シニア6戦 ※合宿被り無し
総合評価:◎(サポカパワーが弱いと▲以下)
※固有の現在速度アップの仕様が従来言われていたものが間違いであることが発覚したのでそれに伴い評価を修正

※☆>◎>○>▲>△>×の順(☆と×は滅多につけないので実質4段階評価)
※実装直後は評価を修正する場合あり
※目標レースにメイクデビューは含めていません

適性と成長率

スピードとパワーと賢さにそれぞれ10%ずつ割り振られているのは優秀。

ただシニア期に目標レースが6つ(王道路線皆勤)あるのがかなりきつく友情ボーナスが高くなるシニア期後半に3レース(秋天→JC→有馬)あるのもステを伸ばす足かせになるのでグラライシナリオとの相性は悪いと言わざるを得ません。次の中距離チャンミが開催される頃には新シナリオで環境が変わっていると思うので、グラライとの相性の悪さはチャンミ育成においてはあまり気にしなくてもいいかもしれませんが;;

短距離やマイルも因子で初期Aにすることが可能ですが、距離が短いと固有が発動しないので改造は趣味の領域になると思います。

固有スキル(あっぱれ大盤振る舞い!)は即時速度上昇付き終盤コーナー加速スキル

終盤のコーナーで前のほうにいると発動する現在速度上昇+加速の複合スキル。先頭条件のアンスキと違って3位以内であれば発動します。ただ逃げで2・3番手を走っているウマは外を回らされてしまう可能性が高いので3位以内で発動するからと言ってハナを取れなくても大丈夫ということにはならないと考えたほうがいいでしょう。

終盤コーナー発動なので、終盤開始地点が向こう正面の直線になる長距離は通常版のキタサンのほうが強いと思います。

マイル以下だと固有が不発

ゴールまでが遠いとはイコールゴールまでの距離が600m以上ある場合という意味。

1600m:終盤開始地点がゴールから533m前
1800m:終盤開始地点がゴールから600m前
2000m:終盤開始地点がゴールから667m前

マイル(1600m)の場合終盤開始地点がゴールから533m前になるのでゴールまでの距離が600m以上という条件が満たされない計算になります(マイルで固有が発動しないので因子周回のジュニア期がかなり面倒に)。

ウマ娘でマイルカテゴリーに含まれる1800mは終盤開始地点がゴールからちょうど600m前になるので発動します終盤開始地点が最終直線の新潟芝1800mは不発)。

追記
新潟以外の1800mでも固有が発動しないことを確認しました。

600mを超えるではなく以上表記なので終盤開始地点が残り600mちょうどの1800mは記載的には発動しないとおかしいんですけど、実際のレースで不発していた以上エアプ情報を書いてしまったことになるのでその点はお詫びしますm(__)m

表記部分に関しては納得いかないのでこの点は運営に問い合わせを行うつもりです(テンプレ回答が返ってきただけでした;;)。

終盤開始時の現在速度アップで疑似的な接続

速度が急激に上昇というのは夏タイキシャトルのような現在速度アップ。

終盤に入って固有が発動した瞬間に現在速度がアップするということは速度アップした状態で終盤に突入する通称接続と同じような形になると言えそうです。

ただし加速力の上昇はちょっと表記(1000相当)なのでアンスキに比べるとメイン加速としては力不足。

継承だと現在速度1500・加速500

本体でも加速に関しては1000と大して強くありませんが、継承版だと500にまで弱体化し最大の売りの現在速度アップも1500と半分以下になるのでアンスキに比べると継承の優先順位は下がります

追記
現在速度アップは従来は発動時瞬間的に物理法則無視して速度が上昇(1500等)したうえで最大速度を目指す仕様と言われていましたが、これがちょっと間違いで実際は現在速度アップに上限突破がついていて効果時間中ずっとその恩恵を受けられるのでかなり強い固有であることが判明しましたm(__)m

3番手以内なら発動するので逃げだけでなく先行に継承させるという選択肢もありそうです。

あっぱれ大盤振る舞い!:持続4秒・現在速度3500・加速1000

逃げ用の強スキルが揃っている

危険回避はポジションセンスとの組み合わせが強力

初期スキル
先駆け
急ぎ足
危険回避

危険回避はポジションセンスと組み合わせると強力。

育成イベント
先頭プライド
中距離直線○

先頭プライドはトップランナーの下位スキル。

隠しイベント
リードキープ ※クラシック三冠
ポジションセンス ※クラシック三冠+シニア有馬

クラシック三冠制覇すると隠しイベントが発生してスキルが貰えます。

覚醒金スキルは脱出術と先手必勝

覚醒Lv2:前途洋々(中盤回復スキル)※中距離
覚醒Lv3:脱出術(中盤速度スキル)※逃げ
覚醒Lv4:地固め(序盤加速スキル)※汎用
覚醒Lv5:先手必勝(終盤目前加速スキル)※逃げ

自前で先手必勝を持っているのでそれ目当てで賢さミホノブルボン(過去イベ配布)を入れなくて済みます(コンセに関しては後述)。

前途洋々:回復150
脱出術:持続3秒・速度3500
地固め:持続3秒・加速2000
先手必勝:持続1.2秒・加速4000

正月キタサンとチョコボンの比較

今回は同じ自前地固め+脱出術持ちのチョコボンとの比較を中心に見ていきます。

覚醒Lv2:逃げのコツ○(緑スキル)※逃げ
覚醒Lv3:脱出術(中盤速度スキル)※逃げ
覚醒Lv4:地固め(序盤加速スキル)※汎用
覚醒Lv5:コンセントレーション(出遅れ率減少)※汎用

これがチョコボンの覚醒スキルになりますが、脱出術と地固め以外の違いとしては・・・


※△は下位スキル持ち(固有は白相当の効果量)

チョコボンとの大きな違いとしてはコンセと逃げコツがない点。

コンセも逃げコツも今は簡単に取れるのでは?

と思われるでしょうし実際今のグラライ環境であれば前者はスピブルボンor賢さブルボンで取れて後者もライトハローのクラシック1月の選択肢で入手できます。

しかしこれはあくまでグラライシナリオでの話

次の中距離チャンミが開催される頃には新シナリオで環境が変わっていることが濃厚なので、逃げコツはともかくコンセに関しては簡単には取れなくなる可能性も十分あります。

さらにチョコボンは中盤発動の固有でハナ取り能力もキタサンより基本高いので、新シナリオ次第でやっぱりチョコボンのほうが使いやすくて強いとなりそうな気もします。


スポンサーリンク

まとめ(正月キタサンブラックを引くべきか?)

中距離逃げで活躍が期待できる
グラライ育成の難易度は高く結局チョコボンでいいとなる可能性あり
サポカのキタサンが使えないデメリットも無視できない
無・微課金は推しでなければスルー
固有が当初考えていたものより強いことが判明したので廃課金なら引かない選択肢はないレベルか※追記

通常版のキタサンブラックは固有の条件的に長距離向けですが、こちらは中距離適性が上がった形。

次の中距離チャンミの頃にはグラライ環境は終わっていると思うのでグラライとの相性の悪さはそこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、シニア期の目標レースが多いという部分は変わらないので新シナリオでもやっぱりきついとなる可能性は十分考えられます。

無微課金は汎用性が高いSSRキタサンブラックへの依存度が高い人も少なくなく、その場合キタサンサポカが使えないというのも無視できないデメリットとなります。

チョコボンからハナを奪えるレベルまで仕上げられればかなり強そうですが、それを実現するためにはキタサンが使えないことが気にならないレベルのサポカパワーが要求されるのでキタサンへの依存度が高い無微課金では手に余りそうです。分かりやすく言えばサポカのキタサンが使えないのはきついなと感じるならやめたほうがいいという感じ。

この後バレンタイン・周年も控えているので推しでなければ無微課金はスルーでいいと思います(仮に引く場合も無料10連期間が終わってから引くことをお勧めします)。

追記
固有が当初考えていたものより強いことが判明したので廃課金なら引かない選択肢はなく、無微課金でも無料10連分を含めて天井という選択肢も一応アリかも感じにはなってきました。

ただ周年の引換券の範囲が昨年と同じであれば正月キタサンまではそれで取れるので、他に取りたい娘がいなければガチャはスルーしてそれで選ぶという手もあります(範囲に含まれなくても責任はもちませんw)。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました