【グラブル】十天衆の個人的取得・最終解放の優先度(最新版)

十天衆一覧

十天衆の取得と最終解放の優先度を独断と偏見でまとめました。

なお、優先度の評価はあくまで個人的な意見であり、優先度が低い=弱いという意味ではありません。また未所持のキャラについてはアビリティ等を見た上でのエアプ評価となりますのでご了承ください。

十天の極みに至ったので実際に全キャラを使ったうえで評価の見直し等を行いました

※評価はS~Cの4段階
11月のバランス調整を踏まえて一部キャラの評価を修正
※まとめにフロントからの外れにくさという評価項目を追加

スポンサーリンク

十天衆の優先順位

ウーノ

ウーノ
属性:水属性
種族:ハーヴィン
タイプ:防御
火力:(瞬間火力
支援:(バフ・カット
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

未解放段階だと100%カットができるだけのキャラという感じで、火力面の問題から出番は少ないです(恒常キャラのほうが遥かに強い)。最終解放をしないのであれば加入の優先度は高くありません。

刹那の閃き

しかし最終解放後は一転して水属性最強クラスのアタッカーとなり(2アビのいつアサが非常に強い)、100%カットや奥義のバリアで味方の渾身維持にも多大な貢献をしてくれる攻守を兼ね備えた万能キャラに生まれ変わります。

ただ現在は他に優秀な水キャラが増えたことで出番が減りつつあり、その分最終解放の優先度も以前に比べると下がった感があります。

ソーン

ソーン
属性:光属性
種族:ヒューマン
タイプ:バランス
火力:、支援:(バフ・デバフ)、高難度:
加入優先度
最終優先度

私が最初に取得・最終解放した十天衆です。

未解放段階だと麻痺(60秒)を入れるだけのキャラと言えなくもないですが、十天衆を初取得する段階だとこの麻痺の恩恵がかなり大きいです。特にセレスト・マグナの攻略難易度が一気に下がります。

二王の諍い

最終解放すると麻痺を含めて弱体効果を90秒延長できるようになるので一気に世界が変わります。

奥義で味方全体に確定クリティカル(倍率50%)も付与できるようになるので、基礎火力不足の光マグナだとソーンの有無で貢献度に大きな差が生じてきます。アルバハHL(野良)に光属性で行くなら最終ソーンは必須レベル。

つよばは自発の為にも優先的に最終して損はないと思います。

サラーサ

サラーサ
属性:土属性
種族:ドラフ
タイプ:攻撃
火力:(瞬間火力
支援:(デバフ
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

グラウンドゼロ

敵に防御無視の無属性ダメージを与えられるグラウンドゼロ(通称グラゼロ)がアーカルムやスライムの周回で非常に重宝します。加入優先度に関してはナンバーワンと言ってもいいキャラです。

土古戦場やブレイブグラウンド(土)であまり使えませんでした。グラゼロのHP減少のデメリットが大きく使い勝手の悪さが改めて浮き彫りとなりました(マグナの場合)

現状の性能だと最終解放の優先度は低いと言わざるを得ません。特にカインを所持しているならサラーサ最終はラストでいいんじゃないかと思います。

カトル

カトル
属性:水属性
種族:エルーン
タイプ:特殊
火力:
支援:(バフ・デバフ
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度(超高難度マルチをしないなら

エンドコンテンツのデバッファーとして極めて有能なキャラ。実装当初のアルバハHLや現エンドコンテンツのルシファーHで大活躍しています。

最終カトル奥義

最終すると奥義が四天刃代わりになるので武器やキャラが揃っていない段階であればかなり強力。ただしキャラや装備が揃ってきて火力を優先するようになってくると真っ先に外れるようになります。

(水属性で)エンドコンテンツをやらないのであれば最終解放の優先度は大きく下がります。

フュンフ

フュンフ
属性:光属性
種族:ハーヴィン
タイプ:回復
火力:
支援:(バフ・デバフ・回復
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

最終すると光属性の不動のフロントになります。

フュンフ2アビ

特にマウント兼弱体全解除の2アビの使い勝手が素晴らしい。デバフが厄介なマルチもフュンフがいるだけで楽に立ち回ることができるようになります。天司HLソロでも大活躍しました。

リレイズや蘇生持ちでもあるのでフュンフがいれば全滅する気がまったくしなくなります。

今は光属性の立ち位置が微妙なので最終優先度はAとしておきますが、光に力を入れるなら最優先で解放する価値のあるキャラ。特に高難度で輝くので、今度実装される予定の「天上征伐戦」(光有利)を見据えて解放するという手もありだと思います(フュンフ潰しのギミックがあっても責任は持ちませんがw)

シス

シス
属性:闇属性
種族:エルーン
タイプ:攻撃
火力:、支援:(実質かばう・恐怖)、高難度:
加入優先度
最終優先度

周りが30~40万程度しか出ていない時でも一人上限殴りが可能な超火力アタッカー。

11月のバランス調整でどうなるのかかなり不安でしたが、ザっと触った感じだと思っていたより悪くない感じ。初速が下がった代わりに最大火力は調整前より上がっていました。

2アビの敵対心アップは実質かばう(他キャラのかばうより優先度は下)で、3アビでターン制恐怖も入れられるようになったので一応殴ることしかできないキャラではなくなりました。

ただ後述のシエテのように劇的に使い勝手が良くなったわけではないので、加入や最終の優先度自体はそこまで高くはないと思います。

シエテ

シエテ
属性:風属性
種族:ヒューマン
タイプ:攻撃
火力:
支援:(瞬間火力・バフ
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

シエテサポアビ

居るだけで味方全体の奥義ダメージが50%上昇するので(最終すると奥義上限もアップ)、未解放段階でも置物として機能します(風属性限定)。

11月のバランス調整前は剣光の管理が非常に面倒でフロントから外れることも多かったが、剣光レベルが自動で上昇するようになったことで使い勝手が劇的に改善。

1アビのポンバで開幕奥義を撃った後2ターン目に3アビフルチェというムーブで短期で大ダメージを与えることも可能に。以前はストレスが貯まるキャラでしたが、調整後は使っていて楽しいキャラになりました。

剣光レベル1ごとに別枠乗算の攻撃10%アップ(最大50%)がかかるのも優秀。

以前のような他属性出張こそ不可になりましたが、風で使う分にはかなり強くなっているので、風に力を入れるなら優先的に最終させる価値があると思います。

七星の煌めき

剣光の仕様が改善されたことで仕込みに手間がかかっていた4アビ(1ターンで2000万超えのダメージ)も簡単に撃てるように。

オクトー

オクトー
属性:土属性
種族:ドラフ
タイプ:攻撃
火力:(瞬間火力
支援:(バフ
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

オクトー奥義バフ

前述のサラーサと違ってオクトーは最終すると世界が変わるレベルで強くなります。

奥義バフの効果で連撃と奥義の鬼になり味方全体にも属性バフをバラ撒くので火力への貢献度が非常に高く、土属性のフロントから外れることがまずありません。

土属性に力を入れるなら最優先で解放しておきたいキャラです。

ニオ

ニオ
属性:風属性
種族:ハーヴィン
タイプ:特殊
火力:
支援:(瞬間火力【シヴァ+魔法戦士】・バフ・デバフ
高難度:
加入優先度
最終優先度
からに変更

ニンアナンナ

1アビの昏睡が有用なので未解放状態であってもブローディアHL等で出番があります。

九界の繁栄

最終解放するとバッファーとして大幅に強化されて風属性の中核を担う存在になります。4アビ(4Tの間確定TA+追撃5割)の爆発力も凄まじい。

ただし今の風はアンチラ・グリームニル・モニカ・ユリウス等強キャラが増えて、もう一人の風十天であるシエテもバランス調整で使い勝手が格段に向上したので以前に比べるとフロントから外れやすくなっています。

ウーノ同様強いけどキャラの手持ち次第では席がないという感じか。

エッセル

エッセル
属性:火属性
種族:エルーン
タイプ:バランス
火力:
支援:(瞬間火力SS・バフ・デバフ
高難度:(ルシH適性
加入優先度
最終優先度

エッセルサポアビ

未解放状態だとサポアビのドロップ率アップ(未解放だと5%)と確定トレハンキャラとしての価値しかありませんが、グラブルにおいてドロップ率アップというのは非常に重要な要素なのでそれだけで取得する価値はあると言えます。ただし最終していないと戦力としてはほぼ使えません。

十狼の雄叫び

以前は最終しても使いにくいという評価でしたが、調整で敵をいつでも自由にブレイク状態にすることができるようになったことで使い勝手が一気に向上。初速と4アビの爆発力を兼ね備えた火属性最強クラスのアタッカーになっています。

魔法戦士のドラゴンブレイク(追撃最大8割)にエッセルの4アビを重ねたときの爆発力はまさに圧巻の一言。火有利古戦場だと最終エッセルの有無でHELL討伐速度に大きな差が生じます

マグナでも神石でも非常に強力なキャラなので、最終解放の優先度はかなり上だと思います


スポンサーリンク

十天衆の取得・解放のまとめ

評価まとめ

十天衆火力瞬間火力バフデバフ高難度ルシH4アビ
ウーノ
ソーン
サラーサ
カトル
フュンフ
シス
シエテ
オクトー
ニオ
エッセルSS

フロントからの外れにくさ

※現環境下での話
※エッセルをSからAに変更(11/7)
※ニオをAからBに変更(11/9)

ウーノ:
ソーン:
サラーサ:
カトル:
フュンフ:
シス:
シエテ:
オクトー:
ニオ:
エッセル:

フロントからの外れにくさという点に絞って評価するとフュンフとオクトーが2強と言っても過言ではない。

エッセルも優秀だが火はシヴァ・アニラ・アテナ・アラナン等他にも強キャラが多いので手持ち次第では常にフロントというレベルではない感じ。

エッセルもマリスでアテナ・シヴァ・アニラの槍パする時は外してますが、それ以外は基本フロントで使っています。

ソーンはゼウスでかなり装備が整っているとかでない限り早々外れないと思うのでA評価。つよばは自発は当然として、アルバハでも安定重視で行く時は連れて行っています。

ウーノは1年前では考えられないぐらい評価が下がりました。強いキャラではありますが・・・

サラーサとカトルは普段使いだと使い勝手が悪いので一番下のC評価。

加入優先度

サラーサ>エッセル>ソーン・シエテ>その他

とりあえずサラーサとエッセルは早めに取得しておくといろいろ便利。

最終優先度

オクトー・エッセル>ソーン>フュンフ・シエテ>その他

どの属性に力を入れるかによっても変わってくるが、ウーノ・ニオ・オクトー・エッセルの2人は最優先で解放しても損はないか。つよばはを自発で安定してクリアするなら最終ソーンも欲しいところ。

フュンフとシエテはその属性に力を入れるなら早めに解放しておいて損はない性能。

今は終末5凸というヒヒイロの新たな用途もできたので、優先度が低い十天衆は後回しにしてそちらを優先するという考え方もあります。終末5凸はリミ武器以上の性能を持つマジモンの壊れ武器なので。

十天衆の最終解放は大変な手間がかかるので、最終的には自分が強化したい属性や好きなキャラを優先するのが一番だと思います。

スポンサーリンク

コメント