【グラブル】闇マグナでPROUDやアスタロトをフルオート攻略

現在開催中のイベント「コウと空っぽ影法師」のPROUDや闇属性でのアスタロトフルオートに成功したので、今日はそれについていろいろまとめたいと思います。

スポンサーリンク

「コウと空っぽ影法師」PROUDフルオート

最初はアバター杖編成で挑戦


ツイだとバレクラやアンスリア等の季節限定キャラやマジェスタス入りのフルオート編成をよく見かけましたが、私は限定キャラもマジェスタスも持っていないので普通のマグナ編成(アバ杖編成)で挑戦。

最初はHPをとにかく増やそうとアバター杖4本に守護スキルがついてるヘルマニビスも入れた編成で挑んでみました。

しかし・・・

何度やっても2戦目の中盤あたりで全滅><

2戦目の九尾の50%トリガーでTAアップがついたあたりからが本番という感じ。ニーアの正位置の渇望(リレイズ)で一度は復活できるけど、攻撃が痛くてすぐに倒されてしまう。

この編成では無理だと感じてこの後いろいろ試行錯誤をすることに・・・

背水編成に回帰

フロントとサブ

PROUD手動攻略ではシロウは非常に刺さっていましたが、フルオートだと2アビのかばう回避と3アビをカットを同時に使用してしまって少し微妙だったのでまずシロウを外す。ヴァンピィも見てる限りそこまで仕事してなかったように感じたのでこれも外しました。

代わりに累積攻防デバフ持ちで回避性能が高いターニャをフロントに採用。そしてサブの2番手にカットと回復要因として水着ゾーイを入れました。

武器編成

主人公のジョブをソルジャーに変えて、武器編成もセレ拳を入れた背水編成に回帰(終末第三スキルも渾身から背水に変更)

上のアバ杖編成だと通常攻撃がちょっと弱すぎたのでw

ジョンドゥのバレットはこんな感じ。

2発目はゴールドバレットⅡではなく防デバフ用のフルメタルジャケットⅤ。またPROUDは睡眠耐性がかなり低いのでスリープバレットも入れてみました。

アバ杖の本数が減って下がった分のHPは両面マグナにすることで補いました。

フルオート挑戦

1戦目はそれほど強くないので割愛。

1戦目でパーティーが半壊するレベルだとラスボスの九尾を含めた完全フルオートはまず無理だと思います。

ニーアの正位置で全体リレイズ

恋人の正位置

九尾の攻撃で一人落ちるとサブ1番手のニーアが登場して正位置発動で全体にリレイズがかかります。この段階になるとシス以外の他のメンバーも結構HPが減ってるのでこのリレイズはかなり貴重。

ニーア自身はアビは一切使用しないので、フルオートだとニーアは単なる全体リレイズ要員みたいなものです。

DA・TAアップバフも厄介

九尾の50トリガーで付くDA・TAアップもなかなか厄介。カット無しだとTA発動で1ターンに1万前後ダメージを食らうので(マジェがない場合)、DAで済むかカットが発動してくれることを祈る。

クリアした時はTA時に上手く3年生のカットが発動してくれました。ファランクス矢澤有能。

コンジャクションは回復アビでもある

水着ゾーイのコンジャクションはフルオートだとカット兼回復アビとしてもかなり使えます。

クリア時はコンジャクションで九尾の25トリガーをノーダメージで乗り切ることに成功。この後のTAもコンジャクの回復分である程度ダメージを相殺することができました。

シスと九尾の一騎打ち

最後はシスと九尾の一騎打ちの形になりましたが、シスは火力高い上に結構回避もしてくれてタフ?なので残り7%を一人で軽く削ってくれました。

シス強い。

とまあここまで書いてきましたけど、はっきり言ってかなりの運ゲーです。

同じ編成でもう一回やってフルオート成功するかと言われると正直自信はありません。

運要素を少なくするならやはりマジェスタスといった堅守武器が必要になってくると思います。

参考動画:【グラブル】コウと空っぽ影法師 PROUDフルオート 季節限定・マジェスタス無し


スポンサーリンク

アスタロトフルオート

編成


アスタロトは光闇耐性のせいで闇は4属性に比べて火力を出しにくく時間(30分)との戦いになるので、火力を出す為にフロントゾーイで背水。PROUDと違って攻撃は痛くないので背水でも余裕で耐えられます。

デバフ耐性も高いのでデバフを余分に積んだうえで命中率を上げるために虚空剣も採用。

アスタロト戦

参考動画:【グラブル】闇マグナ背水でアスタロトフルオート

最終シスが強い

アスタロトソロはサポ石無しの片面になる為火力が出にくくなりますが、最終シスは他が10万~20万台のダメージしか出せない時でも一人40万台のダメージを叩き出すので非常に頼もしい。

闇でアスタロトフルオートをやるならシスは必須級と言っても過言ではないと思います。

コンジャクで回復

繰り返しになりますけどフルオートにおけるコンジャクションは背水起動の他に回復アビとしての側面もあります。

回復アビが基本使用できないフルオートにおいてHPが半分以上回復するのは大きい。

ターニャのフルオート適性

累積攻防デバフとスロウ持ちで回避性能も高いターニャもフルオート適性がかなり高いです。短剣得意で虚空剣の恩恵を受けられる点もGOOD。

最初ダメージ分割表示の仕様を知らずになんだこの雑魚?とか思ってすいませんm(_ _”m)

時間はかかる

光闇耐性があるせいか、やはり火や風に比べると時間はかかりました。

最低でも終末5凸か最終シスのいずれかはないと火力的にちょっと厳しいような気がします。

とりあえずシス最強。闇でフルオートをやってみて改めて最終シス強いなーと感じました。

しかし・・・

シスのバランス調整

この記事を書いてる途中でシスのバランス調整の内容が発表されましたが・・・

内容を見る限りシスの強みが潰されてるようにしか見えなくてかなり微妙。硬い敵にダメージが出しにくいというのも今度の古戦場の高防御値の新HELLのことを考えるとうーんだし、フルオートでも使いにくくなってるんじゃないかって気がして正直不安しかない。

シエテの出張潰しは予想できたけど、シスのほうはちょっと予想外というかこれじゃない感しかしないですね。

スポンサーリンク

コメント